5月病と自律神経失調症

連休が終わり、体調や気分の悪い新入生や新社会人(あるいは社会人)が多いと思います。

5月病と言われていますが、自律神経失調症の症状だと思われます。

対症療法的にも漢方薬の方が、むしろ西洋医薬より効果が早く、はっきり効くことがあります。
それなら副作用の心配が少ない漢方薬を利用した方がこういう時の症状には良いかもしれません。是非1度漢方薬もお試しください。

ただ重要なのは、自律神経失調症にできるだけならないようにすることです。

脳の視床下部から自律神経に命令がでています。
自律神経の交感神経と副交感神経のバランスは視床下部がしっかりしているかどうかです。
視床下部がしっかり働くためには視床下部のある脳の健康が大きく関係してきます。

脳の健康とはどういうことでしょうか・・・

2019年5月7日
コメントはこちらからどうぞ!

heiwa

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です