title

漢方療法+栄養療法
精神科・心療内科(あるいは、内科や外科)で薬をもらっている方はたくさんいると思います。
睡眠薬を1種類飲んでいる、時々安定剤を飲む、そのくらいであれば、勿論飲まない方がさらに良いが、薬の副作用による悪循環に悩まされることはないかもしれません。
しかし、油断して、気になる症状を訴えていると、あっという間に多剤大量の薬になってしまい、苦しんでいる症状が、はたして病気からなのか、薬の副作用なのか解らなくなってしまう方がたくさんいます。それは、現在大きな問題にもなっています。
メンタル疾患の種類
統合失調症、うつ病、双極性障害、躁病、適応障害、パニック障害、社会不安障害、強迫性障害、PTSD(心的外傷後ストレス障害)、情緒不安定障害、アルコール依存症、ボーダーライン人格障害、ADHD(注意欠陥障害)、摂食障害、アダルトチルドレン、解離性障害、パーソナリティー障害、ナルコレプシー
メンタル疾患で使われる薬
抗精神病薬、抗うつ剤(三環系系抗うつ剤・四環系抗うつ剤・SSRl・SNRl・NaSSA)、抗不安薬、睡眠薬、精神賦活剤、抗てんかん剤、抗躁薬
うつ病の治療
うつ病の西洋医学的治療
1.心身の休憩 2.薬物療法 3.心理療法

●うつ病は、心身のエネルギー不足が大きな原因ですから、最も大切な治療は休憩です。
●うつ病は心の病気の中でも治療を行えば治りやすい病気です。

うつ病の漢方療法
受験の失敗、失恋、仕事上のトラブル、家族との離別など人生には思うようにならないことや、思いがけない不幸に遭遇することがあり、そのような時は、誰でも憂鬱な気分に襲われます。
でも通常は、落ち込んだ気分は時間とともに回復して、立ち直っていくものです。このように感情には回復力があるものです。ところが「うつ病」の人は、気分が落ち込んだままの状態が続きます。
この回復力がなくなった状態を、漢方医学では「心失所養」といいます。
「心失所養」とは、「こころ」を元気にするエネルギーや栄養が不足したことを指します。
心失所養の病態と漢方
(1)心脾両虚

■気分が晴れない、憂うつ感などの精神症状のほかに、疲れる、飲食量が減少、息切れなどの症状がある。
■帰脾湯

(2)心腎陰虚

■腎陰虚と心陰虚を伴うもので、思考力の低下、物忘れ、物事に興味がないなどの他に、口内炎ができやすい、盗汗、口や喉の渇き、舌質紅などの熱症状がある。
■天王補心丸

(3)心肝気鬱

■憂うつで気分が不安定。胸が痞えたような感じ、胸や脇が張る、胃が重くよくゲップが出て食欲がない、大便がすっきり出ないなど。
■逍遥散

(4)痰阻心竅

■痰濁が心竅(心の所在するところ)を塞ぐため、精神障害を中心とする症状が起こる。動悸・不眠・多夢などのほか、咽に物が痞えたような感じがして吐き出そうとしても出ず、飲み込もうとしても下におりないなど。
■半夏厚朴湯

うつ病の栄養療法
1.活性型牡蠣肉エキス(日本初のダブル抽出法で抽出濃縮した我が国唯一の活性型牡蠣肉エキスです。)

2.青汁(無農薬・有機栽培、酵素・SOD、フラボノイド、クロロフィル、ビタミン・ミネラル)

3.電界カルシウム(イオン化された液体カルシウム、吸収率・100%・吸収時間・20分)

4.酵素飲料(80年の歴史・元祖酵素飲料)

5.クマザサエキス(医薬品、小腸の掃除)

6.イムノラクト(母子免疫を活用した健康ミルク)

7.アミノ酸液(20種類のアミノ酸・タウリン・ナイアシン・人参)