title

漢方療法+栄養療法
坐骨神経痛の原因になる腰痛
脊椎管狭窄症:文字通り脊椎管が、何らかの原因で狭くなり、その結果、神経や血管を圧迫するために起こるものです。

変形性脊椎症:高齢になると長年の習慣で骨や骨格が変形します。

背中が曲がったり骨格にゆがみを生じ中高年の腰痛につながることがあります。

脊椎分離症:若い時の過激な運動によって、背骨の骨折に当たる腰椎分離症になる。

椎間板ヘルニア:骨と骨のクッションの役割をしている椎間板は、長く圧力を受けると、飛び出してきて神経に触れて痛んだり、しびれたりする。

痛みを引き起こす原因
(外的要因)・血流の悪化など
風・寒・湿が血行不良(於血)などの代謝障害を引き起こします。
したがって冷たい風にあたったり、寒くて冷えたり、また湿度が高い曇りの日や雨の日に痛みが起こりやすいのです。
(内的要因)・筋力の低下など
虚弱体質、慢性病や老化による血虚(血液不足)・気虚(エネルギー不足)・肝腎虚(ホルモン系が弱い)などは、抵抗カを弱め代謝障害になり、組織や細胞へ栄養補給が閉ざされる。
いろいろな痛み
寒邪:冷えると痛い、寒がり、手足の冷え、温めると楽になる
湿邪:重だるい痛み、むくみ、関節などが腫れて痛む、雨が降る前
熟邪:灼熱感のある痛み、患部が赤く熱っぽい、冷やすと楽になる
於血:刺すように痛い、夜間に痛みが強くなる、痛む場所が同じ
血虚:しびれを伴う、ひきつる痛み、皮膚つやがない
気滞:張ったような痛み、ストレスや緊張で痛みが強くなる
気虚:動いた後に痛くなる、疲れると痛む、疲労倦怠感
腰痛の大半がストレスだと判明
日本整形外科学会と日本腰痛学会は、腰痛の発症や慢性化には心理的なストレスが関与していると発表した。
よく使う中成薬・漢方薬
賢気丸参茸補血丸鹿茸大補湯冠元顆粒冠心逐瘀丹逍遥丸加味逍遥散冠脉通塞丸霊田七婦宝当帰膠杞菊地黄丸瀉火補腎丸感応丸能活精
良く使う栄養素
ビーレバーキング(アミノ酸液)、電界カルシウム、ワタナベオイスターイムノラクト