起立性調節障害

起立性調節障害も春から夏に症状が悪化する疾患のようです。

朝なかなか起きられない、めまいがする、フラフラする、気持ちが合悪い、頭が痛い、お腹が痛い、など様々な症状につらい思いをするようです。

特に中高生の男女に多いと思います。

1年前後症状が続いている人は、早くて1年、少なくても2年ぐらいは症状が改善するのに時間がかかると思ってください。

きちんと漢方薬や、特に栄養療法を継続してくれれば、間違いなく症状は改善して行くと思います。

しかし、なかなかそれができません。

2019年3月13日
コメントはこちらからどうぞ!

heiwa

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です