葛根湯  Ⅱ

葛根湯は風邪薬として有名です。

ご存じの方も多いと思いますが、葛根湯は風邪薬としては、あまり出番がありません。寒気を感じた初期の風邪に使います。

そして身体を温める時に、心臓に負担をかけ、また体力も消耗しますので、心臓の弱い方、心臓に疾患のある方、また体力のないお年寄りの方、そういう方たちには適さない風邪薬です。

勿論、寒気が去り、熱が出て身体が熱くなった時は葛根湯は禁忌です。熱くなった身体をさらに熱くすると、大汗などによる脱水状態も危険なばあいがあります。

葛根湯は風邪ならどんな風邪にもよく効くようなイメージがありますが、それは大間違いで、危険なこともあるので注意して下さい。

(追)最近よくインフルエンザで麻黄湯(主に病院で)が処方されますが、これも葛根湯と同じことが言えるので要注意です。

 

2015年12月21日
コメントはこちらからどうぞ!

heiwa

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です