糖尿病合併症

糖尿病の3大合併症は、微小血管障害が主な原因となる、「糖尿病網膜症」「糖尿病腎症」「糖尿病神経障害」の3つです。

さらに、認知症もガンも毛細血管の傷みが大きく関わっていることが解ってきています。

糖尿病は、予備軍の時、まだ自覚症状など全くないころから毛細血管をキズつけていきます。糖尿病と診断された時はすでに毛細血管はかなり傷んでいると思っていいでしょう。それでもまだほとんど自覚症状はありません。合併症が出て初めて糖尿病の怖さに気が付く方がほとんどです。

冠元顆粒は毛細血管を強く、そして血液をサラサラにする漢方薬です。

隠れ脳梗塞が始まると言われる、40歳を過ぎたら、健康であっても、1日1回は冠元顆粒を飲む習慣をつけて下さい。勿論、糖尿病3大合併症の予防、治療にも強い味方になってくれます。

ただし、利用する場合はくれぐれも専門家に相談して下さい。

 

2015年9月9日
コメントはこちらからどうぞ!

heiwa

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です