活性酸素 Ⅱ

過剰な活性酸素はあらゆる疾患の大きな原因の1つになっています。例えば、肝臓病、糖尿病、更年期障害、不眠症、慢性疲労、精神疾患、認知症、不妊症、ガン、その他・・・

過剰な活性酸素を除去することは、多くの重篤な疾患の改善には無視できない重要なことになります。

活性酸素を除去できる代表的な物質は、酵素(SOD・ベルオキシターゼ・カタラーゼ)と抗酸化物質です。

しかし、厄介なことがあります。エネルギーを細胞の中のミトコンドリアで作る時、発生する活性酸素を除去することは、抗酸化物質である、ビタミンC、ビタミンEではできません。水溶性のビタミンC、油溶性のビタミンEでは細胞の奥深くまで浸透できません。

そして、それは脳の場合も同じで、ビタミンC、ビタミンEは脳内に入るための血液脳関門を充分に通り抜けできません。

脳内に溜まる活性酸素はやはり除去しなければ困ります。

 

2015年7月9日
コメントはこちらからどうぞ!

heiwa

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です