ガン対策 妻の場合 Ⅷ

ガン対策 妻の場合 

妻が使ったもの

〔漢方療法」
1.胃腸
補中益気湯、平胃酸、半夏瀉心湯、半夏厚朴湯、参苓白朮散、
カッコウ正気酸、晶三仙
2.精神のバランス(不眠・自律神経失症)
加味帰脾湯、逍遥散、天王補心丸、柴胡加竜骨牡蠣湯
感応丸、能活精
3.気力・体力(貧血)
十全大補湯、補中益気湯、婦宝当帰膠、感応丸、霊黄参
4.血流
冠元顆粒、霊田七、冠脉通塞丸

〔栄養療法〕
1.酵華(大高酵素)
2.ササヘルス(クマ笹エキス)
3.活性青汁(青汁)
4.ワタナベオイスター(活性化ミネラル・ビタミン・アミノ酸)
5.ビーレバーキング(必須アミノ酸・タウリン・ナイアシン・人参)
6.電界カルシウム(イオン化カルシウム)

〔免疫療法〕
神仙丹、仙生露、シベリア霊芝(チャガ)、万寿霊茸、酵華
カ一ティ一セル、イムノラクト、ルミンA

以上のものが、この10年妻が使ってきたものです。

5年前後はだいたい、漢方薬3、4種類を含めて、10種類前後を
飲んでいました。

現在ほぼ毎日飲んでいるものは、漢方薬を含めて5種類前後です。

現在は血液検査で特に気になる数値はありません。

2015年6月4日
コメントはこちらからどうぞ!

heiwa

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です